法人向けサービス

塗膜防水とは

塗膜防水工法とは、液状の防水材料を塗り、化学反応で防水の膜を作る工法です。
水面の屋根やベランダの床などに使用される防水工法です。
液状の材料を使用し現場で仕上げる工法であるため、複雑な形状の屋根であっても防水膜を作ることが可能になります。

塗膜防水工事の特徴

塗膜防水工法とは、液状の防水材料を塗り、化学反応で防水の膜を作る工法です。
水面の屋根やベランダの床などに使用される防水工法です。
液状の材料を使用し現場で仕上げる工法であるため、複雑な形状の屋根であっても防水膜を作ることが可能になります。

Works

施工実績